三菱・エクリプスクロスの安全性能は?運転支援はどうなの

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

最近の車には最新の安産対策装備がたくさんついています。

エクリプスクロスも最新の三菱車なのでハイテク安全装備が設定されていますがどうゆうシステムが付いているのかが分からないという方もいるのではないと思います。

というわけで今回はエクリプスクロスの安全性能を調べていきます。

スポンサードリンク

エクリプスクロスの安全性能

エクリプスクロスは予防安全性能評価「ASV++」と衝突安全性能評価の最高ランク「ファイブスター賞」をダブル受賞と国産車の中ではかなりレベルの高い安全性を持っています。

また、最新の安全装備の付いた車種にのみ認定されるサポカーSワイド対象車にも認定されています。

これも今現在販売されている国産車の安全装備の中でもかなりの機能が装備されていることになります。

スポンサードリンク

エクリプスクロスの運転支援の種類

エクリプスクロスには三菱独自の安全運転支援システム「e-Assist」が全タイプに標準装備されています。

e-Assistの機能は以下の通りになります。

・衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

・車線逸脱警報システム[LDW]

・レーダークルーズコントロールシステム[ACC]

・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]

・オートマチックハイビーム[AHB]

・後退時車両検知警報システム[RCTA]

・誤発進抑制機能(前進&後退時)三菱・エクリプスクロス 不具合 リコール 自動ブレーキ

引用https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/usp/safety.html

一通り、最新安全装備が装備されているように感じますが、グレードによって付いてない機能があったりオプションになる機能もあるので注意が必要になります。

G Plus Package全ての機能が標準装備になりますが、中間グレードのGは後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]、がオプションになります。

廉価グレードのMになると衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、車線逸脱警報システム[LDW]、オートマチックハイビーム[AHB]、誤発進抑制機能(前進&後退時)以外の装備がオプションでも設定がありません。

これらの装備で個人的に絶対必須となるのがACCです。

これは高速道路等でアクセルやブレーキを操作せずとも車間距離を一定に保ってくれる装備で、長距離走行の運転疲労軽減に一役買います。

更にエクリプスクロスは全車速対応式なので、追従している前走車が停止するとそれに合わせて停止してくれます。

更に電子制御パーキングブレーキを装備しているので停止保持までしてくれるので渋滞時のペダル操作も基本的に不要になります。

もし、運転する機会が多い方はACCが標準装備となっているG Plus PackageGを選びましょう。

引用https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/usp/safety.html

エクリプスクロスの車両運動統合制御システムとは

エクリプスクロスの4WDモデルには車両運動統合制御システム(S-AWC)というシステムが標準装備されています。

これはアウトランダーにも搭載されているものとほぼ同様のシステムになります。あらゆる路面状況でも4輪を制御するシステムで、雪道や悪路のみならず、高速道路におけるスタビリティ性、ワインディングロードにおけるハンドリング性全てにおいて安定性を向上させるというシステムです。

かつて販売されていた三菱のスーパースポーツセダンであるランサーエボリューションやギャランVR-4に長年搭載されていたAYC(アクティブヨーコントロール、左右輪の駆動を状況に合わせて制御し、ハンドリング性能を上げるシステム)、三菱の横滑り防止装置であるASCとABSを統合した制御し、常時4つのタイヤ全てを最適制御してくれます。

また、ASCはエンジン出力も制御されるため、万が一アクセルを踏みすぎてしまっても車の方で制御してくれるので運転に慣れていない方でも安心して雪道などを運転することが出来ます。三菱・エクリプスクロス 不具合 リコール 走行安定機能

引用https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/usp/safety.html

また、エクリプスクロスは走行モードをAUTO、SNOW、GLAVELの3つをスイッチ一つで切り替えることができます。

一般道と高速を走る場合やワインディング路、雨の時はAUTOでも十分なトラクション(駆動力)をかけることが出来ます。

しかし、アイスバーンや深い雪道を走る際SNOWモードにすると、後輪への駆動力が増し、左右輪の駆動力と制動力をより積極的に制御してくれます。

それにより空転を抑制し、プッシングアンダー(旋回時のふくらみ)を軽減する制御となります。悪路を走る際GLAVELモードにすると後輪への駆動力が最大となり、荒れた路面でも高いトラクションがかかる制御となります。

冬場にゲレンデに行く方や山道を走るという方はもちろんですが、エクリプスクロスは積極的に4WDモデルを選ぶのをお勧めします。高速道路やワインディングでも安定した走りを披露してくれるので楽しいドライブが出来るでしょう。

引用https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/usp/safety.html

エクリプスクロスの安全性能、まとめ

エクリプスクロスは最新の予防安全装置、運転疲労軽減装置が装備されていますがグレードによって付いている機能が違っていたり、オプション装備になっていたりするものが多いです。

上級グレードは満足のいく内容ですが、中級グレードや廉価グレードになってしまうと機能が減ってしまうのが残念な点と言えます。

スバルやマツダ、ホンダは安全装備を全車種全グレードに標準装備にする取り組みをしているのでこの点は今後のマイナーチェンジに期待したいところです。

4WDシステムに関してはコンパクトSUVの中では一番の走破性を持っていると言えます。

デザイン性を重視し街乗りや高速道路の安定性を重視して設計の車種が多い中で、エクリプスクロスは三菱の4WD技術を活かした設計になっているので街乗りだけではなく、アウトドア等どんな用途にも使える車になっています。

 

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました