三菱・エクリプスクロスの四駆性能は?雪道は大丈夫?

エクリプスクロスの外観、フロント 新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

三菱・エクリプスクロスに乗ってスキーに行ったり、旅行に行ったりとこれからの季節に

雪道を多く走ることが多くなると思います。

 

今回は、エクリプスクロスの走りそのものの性能について、紹介していきます。

 

そして、SUVそのものを楽しめるフィールドとして、雪道の走行性能

その時に気を付けたい点についてもお伝えしていきます。

 

このエクリプスクロスには、相当のポテンシャルが潜んでいるようです。

スポンサードリンク

エクリプスクロスの四駆性能は

 

 

エクリプスクロス後部、右側

三菱エクリプスクロスの四駆性能を探ってみることにしましょう。

 

エクリプスクロスにはAYCが搭載されて相当のポテンシャルを持った四駆性能が

あることに注目されます。

 

四駆といえば、三菱のお家芸であると言っても過言はではないでしょう。

AYC(アクティブヨーコントロール)とは?

 

まずは、この機能の簡単な説明からしていきましょう。

 

ハンドル角、速度、ブレーキ、旋回Gなどのセンサを基に後輪左右の駆動移動を

コントロールして、コーナリング中に発生するヨー・モーメント(車の重力による傾き)

適正に制御するシステムです。

 

ようするに、コーナーの旋回を最適に保ってくれる、かなりハイスペックなシステムなのです。

 

もともと、このシステムが搭載されたのは、ランサーエボリューションでした

 

ランエボと言えば、惜しまれつつ生産終了となった日本を代表するスポーツカーの一つで、今も往

年のランエボ人気は衰えない車です。

 

そのDNAを受け継いでいる形でエクリプスクロスの四輪駆動性能を支えています。

S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)とは?

 

さらに注目したいのはエクリプスクロスに搭載されている、S-AWC。

ランエボ時代のAWCをSUV用に改良したもので、エクリプスクロスの四駆性能をさらに

安定したものにしているようです。

 

この装置の特徴としては、前後の駆動力配分とブレーキ制御量を決定していること。

 

これにより、今回初めてSUVにチャレンジすると言うユーザーにも安心して、

その四輪駆動を操ることが出来るのも魅力の一つではないでしょうか。

 

また、このような付属システムの充実と共に忘れてはならないのが、エンジン性能。

 

これだけ素晴らしいシステムに不釣り合いでは意味が無いと言うことで、

ちゃっかりその部分もカバーしています。

 

走りの性能を、ランエボ譲りとして物語っているのは、搭載されているエンジンにも

垣間見ることあできます。

スポンサードリンク

MIVECエンジン搭載

 

三菱エクリプスクロスに搭載されているのは、

1.5リットル直4DOHCターボエンジン搭載+MIVEC。

 

ミッションはCVTのみとの組み合わせだがエンジンを敢えて1.5リットルとしたところに、

三菱のこの車にかける意気込みが見える感じがします。

 

今回投入されているこのエンジンの特徴としては、とにかく吹け上りが良いこと。

 

ターボとの組み合わせで、ダウンサイジングを実現しているからこそボディーサイズに

マッチしたエンジンとなっており、AYCとの相性も抜群なようです。

 

ライバルは、日産ジューク、本田ヴェゼル、トヨタCH-Rと言ったところでしょうか。

 

どの車のエンジンサイズ、ボディーサイズも同じような仕様で、価格も似てるので、

印象的にはSUVを楽しむと言うよりは、長距離ドライビングを楽しむような車といった

イメージを持ちます。

 

その中でも、エクリプスクロスの走行性能は突出するものが潜んでいるようです。

 

ASC走行中のタイヤの横滑りを制御する装置と、ABSも標準装備も重なり、

安全性能にもこだわった作りになっています。

スポンサードリンク

エクリプスクロスで雪道での走行は?

 

 

エクリプスクロスのATシフト周りのボタン

エクリプスクロスの雪道性能についてみていきましょう。

 

やはり、ここでもAYCが抜群の働きをしてくれるみたいです。

 

本来であれば、雪道と言うのはかなりの確率で、滑りやすいとのが当たり前です。

 

いったん油断してアクセルを踏みすぎると、タイヤが空転して怖い経験をされた方も

いらっしゃるのでは。

 

いくら四輪駆動を搭載した車両でも、雪道路面に車が即座に対応してくれるのは

非常に難しいのですが、エクリプスクロスに搭載されているAYCのお陰で

雪道でも恐怖感無く走れるようです。

 

基本的走る、曲がる、止まると言った車の基本的な動作をAYCが更に進化させているので、

雪道でもその性能を遺憾なく発揮してくれます。

 

そのため、雪道での走りが楽しいと思えるくらいの走りを発揮しくれるのが

この車の魅力の一つと言えるでしょう。

 

車の土台であるプラットフォームは、ランエボやアウトランダーと同様のタイプが

採用されているので、SUVとは言えどもスポーツ感覚で楽しめてしまう、

雪道でのトラクションのかかり方も、それだけ敏感にドライバーの意思を通じて

そのまま走りに現れる、それが、雪道での走りの楽しさに繋がっていると言えるでしょう。

 

また、雪道であっても、アクセルワークを気にしないで、楽しめるというのも魅力の一つ。

 

AYCと共に、ASCも効くことで、余計なタイヤの滑りを制御してくれる為に、

雪道でもストレスが少なくドライビングを楽しめます。

 

これは、SUV乗りに取っては見逃せない魅力となるでしょう。

エクリプスクロスで雪道での注意点

 

 

エクリプスクロス後部マフラー下側

ただし、注意点もあるのも事実です。

 

車の性能を過信しすぎると事故のもとになるので、少し触れることにしましょう。

 

まずは、ドライビングに直接影響するであろうと言われるハンドルの切り方です。

 

いかなる優秀なシステムをもってしても結局は乗り手次第で

車の性格はガラッと変わってしまうものです。

 

ハンドルの切り方についてですが、急ハンドルを切ってしまうと優秀なAYCが

効きすぎてしまいかえってアンダーステアになることも。

 

ちなみにアンダーステアと言うのは、車の挙動が重力に負けてしまい、

前輪を切ったと同時に車が外側に振られてしまう現象。

 

これは「ドリフト」と言われる走りに応用できるのでレーシングドライバーが使ったり、

走行会でも楽しめる走りかたです。

エクリプスクロス、四駆性能のまとめ!

 

 

エクリプスクロスの外観、左側

いかがでしたでしょうか。

 

四輪駆動の技術を培ってきた三菱自動車だけあって、その完成度は高いものとなっています。

 

走り面、安全面を含め単純に走りを楽しめる車であると言う印象を受けました。

 

SUVの持つ、概念そのものをそのまま具現化したような車となっています。

 

特に、今回何度も触れているAYCは、すでに次期システムも考慮されているようです。

 

その証拠に、今年の東京モーターショーでは、

「三菱MI-TECHコンセプト」と題されたコンセプトカーを発表。

 

AWCを応用して、4モーターをコントロールする時期アウトランダーを睨んだ構想。

 

エクリプスと並んでアウトランダーも三菱の代表するSUVだけに、

この技術が将来的にエクリプスにも応用されることが期待されます。

 

ただし、最後は安全運転を心掛けて、やはりシステムは付属的なものと理解しながらが、

SUVライフを楽しめれば、最良の相棒となることでしょう。

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました