三菱・エクリプスクロスの納期は?早く納車してもらう為には!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

三菱・エクリプスクロスの納期や納車までに掛かる時間はどのくらいなのでしょうか。

現在、三菱・エクリプスクロスの購入を検討している方の中には、納期や納車にどのくらいの時間が掛かるのか知りたいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自動車の納期や納車は、車種や購入を行う時期によって大きな差があるため、予め大まかの日数を知っていきたいところです。

そこで今回は、エクリプスクロスの納期や納車までの時間、またなるべく早く納車してもらう為のポイントなどを中心に、三菱・エクリプスクロスと納期や納車について解説をしていきます。

スポンサードリンク

三菱・エクリプスクロス:2019年11月現在の納期はどのくらい?

引用:https://bit.ly/2NkYFSY

三菱・エクリプスクロスは、2018年3月に日本での販売が開始され翌年の2019年6月にはクリーンディーゼル車が、10月には特別仕様車となるブラックエディションがそれぞれ追加されましたが、2019年11月現在の工場出荷目安となる納期はどのくらいの日数が掛かるのでしょうか。

これは、選択を行うグレードやエンジンの形式、オプション品の有無やボディカラーなどによって異なるため全てに当てはまる訳ではありませんが、おおよその目安としては新車の発注から約半月程度がエクリプスクロスの2019年11月現在の納期または出荷予定日数となります。

ただし、定番カラーとして人気の高くメーカーオプションカラーにも指定されているホワイトパールやレッドダイヤモンドに関しては、塗装の工程に時間を要するなどの理由から2019年11月現在の納期または出荷予定日は、1ヶ月半ほど掛かるのが現状です。

いずれの場合においても、他の車種と比較するとエクリプスクロスは比較的に納期または工場出荷予定日が現在のところ早い車種であると言えますので、購入を検討している場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

三菱・エクリプスクロス:納期と納車は意味が異なる

引用:https://bit.ly/3522d3P

三菱・エクリプスクロスの2019年11月現在の納期または工場出荷予定日は、おおよそ半月~1ヶ月半程度である事が分かりましたが、実際にユーザーの手元に届くまでの納車にはどのくらいの日数が掛かるのでしょうか。

実は、納期と納車というのは言葉が似ている事から意味が混同されがちですが、実際には別の意味を指しており、納期は新車を発注してから販売店に車両が納品されるまでの工場出荷日数を意味しており、納車は自動車の登録や販売店オプション品のなどの装着が全て完了し、ユーザーの手元に届く日を意味しています。

また通常、工場から出荷された新車が販売店に届き、陸運局でナンバープレートの交付が行われるまでには約5日~1週間程度の時間が必要となり、その他の販売店オプションなどの装着が必要な場合には、さらに5日~1週間程度の時間が必要となるため一般的には、オプション品の数が多いほど納車までの日数が延びてしまう事が特徴です。

そのため、現在の納期が半月~1ヶ月半程度であるエクリプスクロスの場合には、概ね1ヶ月~2ヶ月程度が納車の目安となる日数になりますので参考にすると良いでしょう。

では、なぜ販売店などのオプション品を選択すると、納車までの日数が延びてしまうのでしょうか。

次の項目では、オプション品などを選択した際に納車日が延びてしまう理由について説明をしていきます。

三菱・エクリプスクロス:オプション品を装着すると納車日が延びてしまう理由

エクリプスクロス 納期 納車 オプション取り付け風景

三菱・エクリプスクロスの新車発注から納車までの日数は、最短で概ね1ヶ月~2ヶ月程度である事は分かったと思いますが、オプション品などを選択しているとなぜ通常の納車日数よりも、さらに約5日~1週間程度納車日が延びてしまうのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

これには様々な要因がありますが、1番の理由は販売店に納品される車両にはオプション品が一切装着されておらず、別の場所でオプション品を装着しなければならないためです。

通常、メーカーオプション品は自動車を組み立てる際に平行して同時装着が行われるため、納品の時点では既にオプション品が装着されている状態となります。

しかし、販売店オプション品の場合には車両が納品されてからオプション品を装着する別途の施設へ運ばれ、装着後販売店に車両が戻ってくると言う仕組みになっている事が特徴です。

そのため、オプション品を装着する施設までの往復輸送時間や、装着する装備品の作業時間などが追加されてしまう事から通常よりも納車日が延びてしまうと言う事なのです。

これらの事から、1日でも早くエクリプスクロスを納車してもらいたいと言う場合には、オプション品は納車後に注文するまたは選択する数を少なくし、自ら装着を行える物は自分で行うなどの事で納車までの日数を早める事ができますので、覚えておくと良いでしょう。

三菱・エクリプスクロス:納期や納車日数は時期によってさらに延びる場合がある

引用:https://bit.ly/36h0qJx

三菱・エクリプスクロスは、オプション品を選択する事で納車日が延びてしまう事が分かりましたが、これ以外にも納期や納車までの日数は時期によってさらに延びてしまう場合があります。

例えば、新車の発注台数が増加する夏・冬のボーナス商戦や決算期に掛けては、製造ラインが繁忙期に入るため通常時よりも納期までの時間が増えてしまうことから、必然的に納車日も延びてしまいます

また、年末年始やお盆などの長期休業期間と重なってしまうと、自動車自体の生産が止まってしまう事や、販売店に車両が納品されていてもナンバープレートの取得を行う事ができない、または販売店オプションを装着するための施設が稼働していないなどから納車までの日数が延びてしまう場合があるのです。

この場合、多くのケースで通常時よりも約10日~2週間ほど納期や納車が遅くなってしまいますので、冬のボーナス商戦の場合には10月半ばまで、決算期の場合には1月後半から2月の前半までと新車の発注を行うタイミングも大切となりますので、購入を検討している場合の参考にすると良いでしょう。

三菱・エクリプスクロス:もっと早く納車してもらう方法はないの?

引用:https://bit.ly/32Q3F7S

三菱・エクリプスクロスを含む多くの自動車における納車までの日数は、新車を発注する時期によって通常よりも長くなる場合がある事が分かりましたが、もっと早く納車してもらう方法はないのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、新車を注文する場合に関しては工場の出荷目安となる納期を早める事はできませんが、様々な方法で納車日を早める事は可能となります。

これには、いくつかの方法が存在しますが最もケースとして多いのが在庫車やキャンセル車を購入すると言う方法です。

在庫車とは、販売促進のため各販売店が購入し展示や試乗車としての使用を目的とした車両ですが、これらの車両は既にナンバープレートが装着されている登録車である事から販売店での了解を得ることができれば、名義変更などの手続きのみで購入する事ができるため、最短で10日~2週間程度で納車が行われる場合があります。

また、諸事情によって納期後に販売が行われなかったキャンセル車の場合には、メーカーオプション品を選択する事はできませんが、車両自体が既にできあがっている事からナンバープレートなどの登録を行うだけで購入する事ができますので、こちらも10日~2週間程度で納車が完了する場合があります。

更に、通常は販売店が代理で行う自動車保管場所届出や車庫証明書の登録をユーザーが行う、納車までに必要な印鑑証明などの各種書類を予め用意しておく事でも3日~5日程度納車を早める事ができる場合がありますので、早く納車をしてもらいたい場合には販売店に相談を行うと良いでしょう。

三菱・エクリプスクロス:納期や納車のまとめ

今回は、三菱・エクリプスクロスの納期や納車について解説をしてきましたが、2019年11月現在のエクリプスクロスの納期は約半月~1ヶ月半月程度となっており、比較的に納車までの日数が早いと言う事が分かったと思います。

ただし、納期や納車の日数は新車を発注する時期によって大きく変動する場合があるため、現在の日数はあくまでも1つの目安として参考にすることをおすすめします

また、在庫車やキャンセル車の購入、自動車を購入するために必要な各種手続きをユーザー自らが行う事で通常よりも早く納車される場合がありますので、興味のある方は前述した例を参考にすると良いでしょう。

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました