三菱・エクリプスクロスのグレード紹介!違いは何処なの

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

三菱・エクリプスクロスは、グレードによってどの様な違いがあるのでしょうか。

現在、三菱・エクリプスクロスの購入を検討している方の中には、グレードによる違いがよく分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

また、エクリプスクロスの場合にはグレードによって選択する事のできるオプション品も異なるため、購入前に各グレードの違いや特徴を把握しておきたいところです。

そこで今回は、三菱・エクリプスクロスに設定される各グレードの紹介や装備内容の違いなどを中心に、エクリプスクロスとグレードの違いついて解説をしていきます。

スポンサードリンク

三菱・エクリプスクロス:エントリーグレードとなるのはMグレード

引用:https://bit.ly/31VuVBA

三菱・エクリプスクロスには3種類のグレードが設定されており、このうち最も価格が抑えられ全てのベース車両となるエントリーグレード位置するのがMグレードです。

他のグレードとの違いは、多数ありますが代表的なものとしては

  • ヘッドライトが現在主流となっているLEDライトではなく、従来型のハロゲンライトになっている点
  • 標準装着されるタイヤとアルミホイールは、16インチサイズの物となっている点
  • パーキングブレーキが従来型の手動となっている点

などが挙げられます。

外観に関しては、フロントグリルやサイドドアガーニッシュに施されている加飾がメッキではなく塗装になっている点や、一部のパーツは加飾自体が省かれているなどの点もエントリーグレードとなるMグレードの特徴です。

内装に関しては細かい違いがあるものの、基本的には全てのグレードで同じデザインや素材の物が採用されており、Mグレードに装着されるファブリックシートは上級グレードでも同じ物が装着されています。

また、衝突被害軽減ブレーキシステムや誤発進抑制機能、車線逸脱警報システムなどの安全装備はエントリーグレードとなるMグレードでも標準装備されていますので、この点に関しても他の上級グレードと大きな違いがあると言う事はありません

スポンサードリンク

三菱・エクリプスクロス:スタンダードグレードとなるのはGグレード

引用:https://bit.ly/2ov1HMg

三菱・エクリプスクロスには3種類のグレードが設定されていますが、この中で最も標準的なスタンダードグレードに位置するのがGグレードです。

前述したエントリーグレードであるMグレードとの違いを挙げていくと

  • ヘッドライトがLEDライトに変更されている
  • 標準装着されるタイヤとアルミホイールが、18インチサイズの物に変更されている
  • パーキングブレーキが電動式となっている
  • クルーズコントロールがレーダー式に変更されている
  • メーターフード上部に、車両情報を知らせるヘッドアップディスプレイが追加されている

など、エントリーグレードと比べ大幅に装備内容がグレードアップしている事が特徴となります。

このほか、外観に関してはフロントグリルの塗装部分がメッキ加飾のパーツに変更されている点や、サイドガーニッシュにはメッキパーツが追加されている点もMグレードとの違いになります。

また、内装に関してはMグレードと同じシート生地が採用されていますが、シートヒーターが標準装着されるなどの違いがありますので参考にして下さい。

三菱・エクリプスクロス:最上級グレードとなるのはG Plus Package

引用:https://bit.ly/2BSl44W

三菱・エクリプスクロスに設定されている、エントリーグレードやスタンダードグレードの違いは分かったと思いますが、エクリプスクロスの中でも最上級グレードに設定されているのがG Plus Packageグレートとなります。

では、GグレードとG Plus Packageグレートの間にはどの様な違いがあるのでしょうか。

エクリプスクロスG Plus Packageグレートの基本的な装備内容は、Gグレードとほぼ同じ内容となっていますが主な変更点としては

  • ナビゲーションの役割を担う、ディスプレイオーディオが標準装着される
  • ディスプレイオーディオの音量調節やナビゲーション機能のカーソル移動など行う事のできるタッチパッドコントローラーが追加される
  • ディスプレイオーディオと連携するバックビューモニター機能が追加される

など、Gグレードよりも更にグレードアップされた装備内容となっていることが特徴となります。

また、G Plus PackageグレートにはMやGグレードに標準搭載される安全装備に加えて、走行中に後側方の車両を検知する機能や、後退時に周囲の車両を検知し死角を補う事のできるシステムなどが追加されており、安全性能がより強化されている事も大きな特徴の1つとなりますので参考にすると良いでしょう。

三菱・エクリプスクロス:グレードによって選択できるオプション品が異なる

三菱・エクリプスクロス グレード 違い電動パノラマサンルーフ

三菱・エクリプスクロスに設定されている各グレードには、様々な装備品の違いがあることが分かりましたが、このほかグレードによって選択する事のできるオプション品が異なると言う特徴が存在します。

一例を挙げていくと、メーカーオプション品に設定されている電動パノラマサンルーフ本革シート運転席パワーシートなどの利便性や快適性を向上させる事のできるオプション品は、スタンダードグレード以上のGやG Plus Packageのみ選択を行う事が可能となっており、エントリーグレードでは装着を行う事ができません

また、オーディオ機能のシステムアップを行う事のできるロックフォード製プレミアサウンドシステムは、G Plus Packageグレードに標準装着されるディスプレイオーディオのみに対応したオプション品であるため、MやGグレードでは選択する事ができないなどの制限が各グレードには存在します。

そのため、エクリプスクロスに設定されている各グレードは装備内容が異なると共に、選択する事のできるオプション品も大きく異なると言う特徴がありますので、購入を検討している場合などには注意が必要となります。

ただし、これらはエクリプスクロスのグレードに関する相違点となり、エンジン形式や駆動方式の違いによって装備品やオプション品が異なると言う事はありませんので、覚えておくと良いでしょう。

三菱・エクリプスクロス:グレードの紹介や違いについてのまとめ

今回は、三菱・エクリプスクロスとグレードの違いなどついて解説をしてきましたが、エクリプスクロスには3種類のグレードが設定されており各グレードで大きく装備内容が異なる事が分かったと思います。

基本的には、エントリーグレードであるMグレードが基準となり、GやG Plus Packageなどグレードが上がるに連れて装備内容が豪華になっていきますので、用途に合わせてグレードを選択する事をおすすめします

また、エクリプスクロスの場合にはグレードによって選択する事のできるオプション品が異なると言う特徴もありますので、装備品の違いと共に選択できるオプションを照らし合わせていくと良いでしょう。

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました