三菱・エクリプスクロスと新型RAV4の比較!

エクリプスクロスの外観正面 比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

SUVは国内ならず、世界的に見ても高い人気を維持しています。

 

その中でも比較的コンパクトサイズのSUVの人気が近年非常に伸びてきています。

 

各メーカー様々なラインナップが有り、特徴も様々です。

 

今までもSUVに乗ってきた方からすれば、ネームバリューや譲れないこだわり、

性能などの基準で選択できますが、SUV初心者の方にはどれも似たようでわからない方も

多いと思います。

 

そこで今回は新型が発売されて間もない三菱エクリプスクロスとTOYOTAのRAV4を

初心者の方にも分かりやすいように徹底比較していきます。

 

スポンサードリンク

エクリプスクロスとRAV4 最安グレードでの比較

エクリプスクロスの右斜め前の外観

 

発売時期も近いということで非常に多くのサイトで

エクリプスクロスとRAV4の性能が比較されています。

 

ですが単純に比較するのは非常に難しいです。

 

駆動方式やガソリンかディーゼルの違い、当然価格帯で性能の差は出てきます。

 

初心者の方の判断基準はお金から入る方も多いと思います。

 

特にこだわりがないとすればフラットな状態で比較できるので、

単純にこの2台の最安グレードでの比較をしてみます。

 

スポンサードリンク

エクリプスクロスとRAV4 価格の比較

エクリプスクロス後部、右側

 

新型エクリプスクロスには細かく分けると15ものグレードがあります。

 

その中でも一番価格の安いグレードが「M」です。

 

「M」の中でも一番価格が低いのは駆動方式がFFのものなのでSUVではありますが

4WDではないです。

 

こちらは新車価格で2,586,100円

 

対するRAV4は細かくわけて8つのグレードに分かれます。

 

その中で一番価格が安いグレードは「X」になります。

 

こちらも駆動方式はFFのもので、新車価格で2,656,500円です。

 

安ければ良いわけではないですが、新型エクリプスクロスならば250万円台で

最新型のコンパクトSUVデビューが出来ます。

 

エクリプスクロスとRAV4 ボディーカラーの比較

エクリプスクロスの外観、フロント

 

エクリプスクロスのボディーカラーは

ブラック、ブラウン、グレー、シルバー、レッド、ブルー、パールホワイト

となんと7色も選べます。

 

レッドとパールホワイトはメーカーオプションとなっています。

 

RAV4はブラック、ダークブルー、グレーメタリック、シルバー、レッド、パールホワイトの

6色です。

 

こちらもレッドとパールホワイトはメーカーオプションです。

 

どちらもほぼ主要なボディーカラーは選べそうですね。

 

落ち着いた大人のブラウンが好きな方はエクリプスクロス、

同じブルー系でも明るいブルーならエクリプスクロス、

シックな紺色系ならRAV4といった感じです。

 

エクリプスクロスとRAV4の安全機能比較

エクリプスクロスの外観、フォグランプ

 

運転席、助手席、サイドエアバッグ、ABS(アンチロックブレーキシステム)などは

近年の車では当たり前に搭載されています。

 

エクリプスクロス、RAV4にももちろん標準装備されています。

 

エクリプスクロスにはASC(アクティブスタビリティコントロール)

RAV4にはS-VSCと呼ばれるトラクションコントロールシステムが装備されています。

 

簡単に説明するとトラクションコントロールとは、発進・加速を行う際に、

タイヤが空転(ホイールスピン)して車体の挙動が不安定になることを制御して

空転を防ぐシステムです。

 

特に積雪時などの摩擦係数が低い路面において車体の安定性を保ってくれます。

 

またエクリプスクロスにはチャイルドシート固定機構付きのシートベルトが

装備されています。

 

RAV4にはサイドインパクトバーが標準装備になっています。

 

サイドインパクトバーとは、側面衝突に対する圧壊抵抗力を備えるため、

ドアパネルの中に設置されている補強材のことです。

 

エクリプスクロスとRAV4のボディサイズ、室内空間比較

エクリプスクロス、後部座席を倒した状態

 

エクリプスクロスのボディサイズは全長4405mm全幅1805mm全高1685mmです。

 

RAV4のボディサイズは全長4600mm全幅1855mm全高1685mmです。

 

車高は全く同じ高さですがRAV4の方が若干大きめのサイズになっています。

 

室内空間はエクリプスクロスが室内長1870mm×室内幅1490mm×室内高1240mmです。

 

RAV4は室内長1890mm×室内幅1515mm×室内高1230mmとなり

数字で見ると室内の広さはボディサイズ程の差はないです。

 

エクリプスクロスとRAV4の走行性と燃費の比較

エクリプスクロスの給油口

 

新型エクリプスクロスと新型RAV4の大きな違いは

この走行性能と燃費に顕著に表れています。

 

エクリプスクロスはIC付きのターボ車でRAV4はノンターボです。

 

エクリプスクロスはRAV4に比べると走りは別次元です。

 

非常に機敏でレスポンスもかなり良好です。

 

ステアリングやスロットルの細かな操作にも俊敏に反応する様は、

まるでスポーツカーのような走りっぷりです。

 

一方RAV4はというと、トヨタ車特有の安定感と安心感があり、

滑らかな走り出しと静寂性が落ち着いた走りを感じさせてくれます。

 

走りに関してはストレスを全く感じさせないエクリプスクロスに

軍配があがりそうです。

 

ただしノンターボの分燃費に関してはRAV4が勝っています。

 

エクリプスクロスとRAV4 その他の装備で比較

エクリプスクロスの外観、アルミホイール

 

アルミホイールは車種やメーカー非常に出多くのデザインがあるので好みも様々ですが

大きさで言うとエクリプスクロスは16インチが標準、RAV4は17インチが標準装備されています。

 

内装ではステアリングがエクリプスクロスのみ本革巻きのステアリングになっています。

 

エクリプスクロスとRAV4のまとめ

 

どのクラスの車でも発売から数か月もすると明らかな順位付けされていきます。

 

エクリプスクロス、RAV4の2台は比べられることが多いですが、

それぞれにしっかりとした個性があるのでこの先もこのクラスでのライバル車種に

なっていくはずです。

 

コンパクトSUVは一人でも家族でも、街乗りでも高速でも、様々なシーンに

オールマイティに活躍できる事が一番の強みです。

 

この機会に是非一度SUVの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました