三菱・エクリプスクロスの大きさは?車高、全幅をお伝えします!

エクリプスクロス外観、後部 新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

 

三菱エクリプスクロスは2018年3月1日に発売を開始したコンパクトSUVです。

 

この車は三菱のグローバル戦略車として日本だけではなく、

欧州やアメリカなど世界80国で販売する車種です。

 

エクリプスという名はかつて同社でアメリカから逆輸入して販売していた

2ドアクーペ「エクリプス」からとった名前で、懐かしいと思う方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

因みにこの車はSUVではありますが、クーペスタイルのSUVということで

三菱のクーペの象徴ともいえる「エクリプス」の名前を改めて付けたようです。

 

エンジンタイプは1.5Lガソリン直噴ダウンサイジングターボ、

2019年6月に追加されたデリカD5と同様の2.2Lクリーンディーゼルターボが設定されています。

 

今回はこの車の大きさなどを解説していきます。

スポンサードリンク

三菱エクリプスクロスの大きさ

エクリプスクロスの外観、フロント

 

エクリプスクロスの全長は4405mm、全幅1805mmとなっています。

 

因みに三菱自動車にはもう一つのコンパクトSUVとしてRVRというのがありますが、

この車の全長は4295mmなので、エクリプスクロスの方が長く、

若干幅も広いということになります。

 

従ってこの車は価格も含めRVRとアウトランダーの中間的な位置づけということになります。

 

実はこのエクリプスクロスの全長はコンパクトSUVの中ではもっとも大きい

車種となっているのです。

 

因みに他社のコンパクトSUVを見ていくとトヨタCHーRは4360mm、

ホンダヴェゼルは4330mmとなっています。

 

しかし、コンパクトSUVの中で最も大きいといっても4405mmという全長は

扱いやすい大きさともいえるのでそれほど心配する必要はないと思います。

 

そして、全長が長いおかげで室内空間もたっぷりとられており、リアシートも

ゆったり座ることができますし、たくさんの荷物を積載することが可能です。

 

ファミリーユースにも対応できる広さになっていると思います。

スポンサードリンク

三菱エクリプスクロスの車高

エクリプスクロスのコイルスプリング

 

コンパクトSUVクラスの中では若干高めの設定となっています。

 

更に最低地上高も175mmと少し高めになっています。

これはSUVとしての悪路走破性等を意識した設定となっていることが考えられます。

 

実際エクリプスクロスの4WDシステムは

SーAWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)という三菱の4輪駆動の技術を

結集したシステムが採用されています。

 

そのためコンパクトSUVとしては悪路走破性がかなり高いため、

少し高めの全高、最低地上高に設定したものと思われます。

 

基本的に高い全高だとスタビリティやハンドリングに影響が出がちな部分がありますが、

4WDシステムの中にはかつて生産されていたスーパースポーツセダン

「ランサーエボリューション」に採用されていた

「アクティブヨーコントロールシステム(AYC)」が採用されているため

悪路や雪道だけではなく、高速走行における直進安定性やハンドリングも

かなりレベルの高いものとなっています。

 

なので全高が高いから走行安定性がいまいちでは・・・という心配は

まずないと思われます。

 

むしろ車高が高いのでSUVらしい見晴らしの良さを他社のコンパクトSUVに比べて

体感しやすいと思います。

 

どんな道路状況でも高めの最低地上高と4WDシステムを活かした頼もしい走りを

披露してくれることでしょう。

三菱エクリプスクロスの全幅

エクリプスクロスの外観、フロント

 

全幅に関しては他社と同じく3ナンバーサイズですが、1805mmとコンパクトSUVの中で

唯一1800mmを超えています。

 

これはSUVとしての躍動感などを重視した結果フェンダーに膨らみを持たせたりして

スタイルを若干重視したことが一つの理由としてあると思います。

 

因みにRVRの全幅は1770mmとなっています。他社で行くとトヨタCH-Rは1795mm、

ホンダヴェゼルの主要グレードが1770mmです。

(一部のスポーティーグレードは1790mmとなります)

 

実はコンパクトSUVと言われている車は、スタイルを重視して躍動感を感じられるように

していることと、エクリプスクロスと同様グローバル戦略車として世界各地に

輸出するケースが多いため全幅が1700mm以上の3ナンバーサイズとなる車種がほとんどです。

 

しかし、1800mmを超えてしまっていると取り回し性や狭い道を走る際

少し心配になってくる数値です。

 

意外ですが、実はこの1805mmという全幅は同社のアウトランダーや

ミニバンモデルのデリカD5よりも幅が広いのです。

 

因みにエクリプスクロスの最小回転半径は5.4mとなっているので

特別小回りが効くわけではなさそうです。

 

取り回し性能が心配であれば購入前に実車を見に行きそのあたりをしっかり

確認する必要があると思います。

 

もし、もっと少し取り回しのいいのが欲しいのであれば若干取り回し性能が高くなる

RVRも検討材料として入れてみるのもいいと思います。

三菱・エクリプスクロスの大きさは、まとめ!

エクリプスクロスの外観、左側

 

エクリプスクロスは

「三菱が好きでSUVが欲しいけどアウトランダーでは大きいし価格が高い」

と感じる方、もしくはコンパクトSUVが欲しいけど街中だけではなく

雪道や山道もしっかり走ることが出来て、尚且つ高速道路も安定感が

しっかりしている方が良いという方はぴったりの車種だと思います。

 

気になる方はディーラーで実車を見てみて下さい。

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

 

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

 

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけで簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました